プレスリリース解説 vol.7「新型コロナウイルス抗体の種類と量を30分で測定」

プレスリリース解説 vol.7「新型コロナウイルス抗体の種類と量を30分で測定」

理化学研究所の森島信裕特別嘱託研究員、秋元淳研究員、伊藤嘉浩チームリーダーらの共同研究チームは、新型コロナウイルスに対する抗体の種類と量を、1滴の血液からわずか30分で測定できる「ウイルス・マイクロアレイ検出システム」を開発しました。このシステムを使うことで、今後重要となる新型コロナウイルスのワクチン接種の効果を、医療現場で効率的かつ精密に検査することが可能になると期待できます。

発表者
理化学研究所開拓研究本部伊藤ナノ医工学研究室
特別嘱託研究員 森島 信裕(もりしま のぶひろ)

理化学研究所創発物性科学研究センター創発生体工学材料研究チーム
研究員 秋元 淳(あきもと じゅん)

理化学研究所創発物性科学研究センター創発生体工学材料研究チーム/開拓研究本部伊藤ナノ医工学研究室
チームリーダー/主任研究員 伊藤 嘉浩(いとう よしひろ)

関連リンク
(1)理化学研究所:https://www.riken.jp/
(2)理研創発物性科学研究センター:https://cems.riken.jp/jp/
(3)理研開拓研究本部:https://www.riken.jp/research/labs/cpr/
(4)創発生体工学材料研究チーム/開拓研究本部伊藤ナノ医工学研究室:http://www2.riken.jp/nano-med.eng.lab/index.html
(5)2021年9月3日プレスリリース「新型コロナウイルス抗体を「その場」で測定-ワクチンの効果を30分で自動評価する高感度・定量技術-」:https://www.riken.jp/press/2021/20210903_2/index.html
(6)動画テキストファイル(PDF 853KB):https://www.riken.jp/medialibrary/riken/pr/videos/antibody.pdf

コロナ スパイクカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus