給付金誤振り込み 町が“返還拒否”の住民提訴(2022年5月12日)

給付金誤振り込み 町が“返還拒否”の住民提訴(2022年5月12日)

 山口県阿武町が新型コロナウイルスの給付金4630万円を誤って町内の24歳男性に振り込み返還を拒まれた問題で、阿武町は12日に全額の返還を求め、男性を提訴しました。

 この問題は、阿武町が新型コロナの関連給付金を463世帯に10万円ずつ振り込むところ、誤って24歳の男性に4630万円を振り込み、男性が返還を拒んでいるものです。

 阿武町は12日朝、臨時町議会を開き全額の返還に加え、弁護士費用などを含めた5116万円の支払いを求める訴えを起こす議案を全会一致で可決しました。

 これを受けて町は、山口地裁萩支部に提訴しました。

 男性はすでに勤務先を退職し、連絡が取れない状況だという事です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コロナ対策 減収証明カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus