“サル痘”日本で初確認…米国の感染男性語る症状「1日で30カ所斑点」「全身に痛み」【もっと知りたい!】(2022年7月26日)

“サル痘”日本で初確認…米国の感染男性語る症状「1日で30カ所斑点」「全身に痛み」【もっと知りたい!】(2022年7月26日)

 世界中で感染が拡大している「サル痘」について、25日に日本国内で初めて感染者が確認されました。

■都内30代男性 先月下旬に欧州渡航

 厚生労働省の会見:「本日、都内在住で発疹等の症状を示し、サル痘への罹患(りかん)が疑われた男性1名に関し、本日、サル痘の患者と確認された」

 25日夜、飛び込んできた「サル痘患者の国内初確認」の一報。関係各所は、対応に追われました。

 東京都・小池百合子知事:「患者本人は、都内の医療機関に入院中。各保健所や医療機関などで、すでに連携体制ができているので、疑い(がある)患者が出た場合、検体確保、報告など、速やかに対応する体制をすでに構築している」

 感染が確認されたのは、東京都に住む30代の男性です。

 発熱、発疹、倦怠(けんたい)感などの症状があり、現在、都内の病院に入院しています。

 男性は、先月下旬にヨーロッパに渡り、今月中旬に帰国。ヨーロッパ滞在中に、後にサル痘と診断された人との接触があったということです。

■米国の感染男性「一日で30カ所斑点」

 WHO・テドロス事務局長:「サル痘の感染拡大を、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態に相当すると判断しました」

 世界的な感染拡大で、WHO(世界保健機関)は「緊急事態」を宣言。感染者は1万6000人以上に上り、そのほとんどが男性で、5人が死亡しています。

 これまでに75の国と地域で確認されているということです。

 アメリカに住む男性(26)は当初、新型コロナへの感染を疑ったといいますが…。

 先月サル痘に感染:「コロナの検査で陰性が続いていたので、サル痘の初期段階かもしれないと、主治医に相談しました。3、4日間、熱っぽくなった後、斑点が現れました。腕や手にでき始め、たった一日のうちに、斑点が30カ所ほどに広がりました。皮膚だけでなく、粘膜や全身に斑点が出て、それがとても痛かったです」

 厚生労働省によると、サル痘の潜伏期間は7日から14日程度。発熱などの症状が1日から5日程度持続し、発疹が出るほか、強い痛みも特徴です。

 感染経路は、患者の皮膚や血液などに接触した場合や、患者の飛沫(ひまつ)を大量に浴びたり、寝具を洗濯せずに使い回したりした場合などにも、感染が起こりうるといいます。

■コロナほど拡大せず?ワクチン備蓄も

 感染拡大が懸念されるサル痘。しかし、専門家は、新型コロナほど広がらないのではと指摘します。

 岡山理科大学・森川茂教授:「今(国内で)新型コロナの感染者が増えていますので、皆さんマスクしていますし。至る所でアルコール消毒、せっけんで手を洗うというのが徹底されていますので。間接的に接触し、感染するリスクは、日本の場合かなり低い」

 また、サル痘には、天然痘のワクチンに高い効果があり、発症予防効果は85%に達するとされています。

 国内には、テロ対策の一環として、十分な量の天然痘のワクチンが備蓄されているということです。

(「グッド!モーニング」2022年7月26日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コロナウイルス 症状カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus