バイデン大統領がコロナ陽性 動画で「私は元気」強調

バイデン大統領がコロナ陽性 動画で「私は元気」強調

【ワシントン=大内清】米ホワイトハウスは21日、バイデン大統領(79)が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。バイデン氏は2回のワクチン追加接種(ブースター)を受けており、「症状はごく軽微」だとしている。ホワイトハウス内で隔離措置をとった上で大統領としての職務を継続する。バイデン氏は同日、ツイッターに投稿した動画で「私は元気だ。やるべき仕事は多い」と語った。
 在任中の米大統領の新型コロナ感染が確認されたのはトランプ前大統領に続き2人目。
 ジャンピエール大統領報道官の声明や医師の報告によると、バイデン氏は鼻水や倦怠(けんたい)感、軽いせきの症状があるものの、息苦しさや発熱はない。21日朝に行った定例検査で陽性と判定され、現在は米製薬大手ファイザーの新型コロナ治療薬「パクスロビド」を服用している。その前に検査を受けた19日は陰性だった。バイデン氏は20日に気候変動対策に関する演説のため東部マサチューセッツ州を訪れ、同日夜の就寝時には疲労感があったという。
 米疾病対策センター(CDC)の指針では、陽性と判定された場合は5日間の自主隔離を求めている。バイデン氏は陰性が確認されるまでは隔離を続け、その間はテレビ電話などを活用しながら職務にあたる。
 ホワイトハウスは濃厚接触者の洗い出しを進めており、ロイター通信によるとハリス副大統領も該当するとみられる。
 ジャンピエール報道官は21日の記者会見で、バイデン氏の経過に関する情報の開示について「透明性のある対応を行う」と強調した。感染したウイルスがどの変異株かなどの判定には数日を要する見通し。
#バイデン大統領#Biden#COVID19#コロナ

コロナ スパイクカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus