4630万円誤送金“詐欺” 被告を保釈 「少しずつ返済」とコメント発表

4630万円誤送金“詐欺” 被告を保釈 「少しずつ返済」とコメント発表

山口・阿武町で、新型コロナ関連の給付金4,630万円が誤って送金され、オンラインカジノに使い込まれていた事件で、被告の男が保釈された。

起訴状によると、阿武町の無職・田口翔被告(24)は、町が誤って振り込んだ4,000万円以上の給付金を別の口座に振り替えた電子計算機使用詐欺の罪で起訴されている。

山口地裁に、保釈保証金250万円が1日朝、全額納付されたことを受け、田口被告は、正午ごろ保釈された。

田口被告は弁護士を通じ、「保釈後は仕事をして、借り入れたお金を少しずつ返済していこうと思います」とコメント文を発表した。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コロナ対策 減収証明カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus