RNAウイルスの検出にPCRは使えない

RNAウイルスの検出にPCRは使えない

PCRは、遺伝子を増幅するものであり、病原体ウイルスを検出するものではありません。特にRNAウイルスは、遺伝子変異が多いことで知られています。現に今回のウイルスも変異体が数多く報告されています。PCRは、特異性が高く、99%の特異性があるとされています。しかし、この特異性の高さが、遺伝子変異に弱いという面があるのです。遺伝子変異がある程度以上になると、PCRでは検出できなくなるのです。同義変異というアミノ酸を変えない変異では、ウイルスの形質はそのままです。しかし、PCRでは、検出されないのです。このことは、感染拡大防止のために、PCR検査をやるということに限界があることを示しています。遺伝子に5%以上の変異があるとPCRでは検出できなくなる可能性が高くなります。基本的に変異の多いRNAウイルスの検出に、PCRは使えないのです。

学びラウンジカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus