生保協会 コロナ入院給付金支払い対象見直し求める(2022年9月2日)

生保協会 コロナ入院給付金支払い対象見直し求める(2022年9月2日)

 新型コロナウイルスに感染した人に支払う医療保険の入院給付金について、生命保険協会などは支払い対象の縮小といった見直しを各社に求めました。

 新型コロナの入院給付金について、保険各社は保健所などが発行する療養証明書があれば給付金を支払っています。

 今年度は支払額が6月までの3カ月ですでに前の年の2倍近くになっていて、うち9割以上が「みなし入院」となっています。

 生命保険協会などは今月1日、政府の要請を受け、この「みなし入院」を速やかに見直すよう加盟各社に求めました。

 支払いの対象を高齢者など重症化リスクが高い人に絞り、早ければ9月下旬から各社の判断で適用される見通しです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コロナ対策 減収証明カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus