物価高騰とコロナへ追加対策 予備費から約3兆5千億円を支出決定(2022年9月20日)

物価高騰とコロナへ追加対策 予備費から約3兆5千億円を支出決定(2022年9月20日)

 政府は、物価の高騰と新型コロナへの追加対策として、今年度予算の予備費からおよそ3兆5000億円を支出することを決めました。

 鈴木財務大臣:「本日の閣議において、コロナ物価予備費3兆4847億円の使用を決定した」

 政府は20日の閣議で、足元の物価高騰に対応するため、ガソリン価格の上昇を抑える補助金や、低所得世帯への5万円の給付金など、およそ2兆6000億円の追加対策を決めました。

 また、新型コロナの支援交付金およそ8300億円の支出なども決定しました。

 総額は3兆4847億円となり、2022年度予算から国会の審議を経ずに拠出できる予備費を充てます。

 政府は、10月にも新たな経済対策をまとめる方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コロナ対策 減収証明カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus