シリア難民キャンプの新型コロナウイルス対策(ヨルダン) / プラン・インターナショナル

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の世界的流行は、多くの難民を受け入れている中東のヨルダンにも広まっています。ヨルダンは国内の感染拡大を防ぐために早い段階からの外出制限を行い、5月24日時点で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は704人、死者は9人に抑えられています※。
※WHOウェブサイト

ヨルダンの広大な砂漠地帯に設置されているアズラック難民キャンプには、隣国シリアからの難民約3万7000人が暮らしています。人々が暮らす家は狭く、人々が暮らす家は狭く、ひとたび感染者が出れば爆発的な感染拡大は容易に想像できます。難民キャンプに暮らす子どもとその家族を取り巻く状況とその対応について、ヨルダンのプラン職員が説明します。

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
http://www.plan-international.jp/

新型コロナウイルス対策カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus