新型コロナワクチン接種後に女性死亡 遺族が怒り「見殺しにした」 アナフィラキシー治療受けず

新型コロナワクチン接種後に女性死亡 遺族が怒り「見殺しにした」 アナフィラキシー治療受けず

ワクチン接種後に女性が死亡。
直後の対応を調査することに。

愛知・愛西市で11月5日、40代の女性が新型コロナウイルスのワクチン接種後に死亡した。

女性は接種後体調が急変したにもかかわらず。適切な治療を受けられないまま亡くなっていたことがわかった。

女性の夫は、死亡するまでの対応に納得がいっていない。

死亡した綾乃さんの夫・飯岡英治さん(45)「この薬も打ってもない ちゃんとした処置もしてない。見殺しにした。尚且つ、それを隠して報道する、愛西市の姿。なめてますよね被害者を。許せません」

怒りをあらわに語る飯岡英治さん。

その日、42歳の妻綾乃さんの異変を電話で告げられ、病院に駆けつけたが、綾乃さんは帰らぬ人となった。

綾乃さんが4回目の接種を受けたのは、愛西市の集団接種会場「佐織総合福祉センター」。

ワクチンは「BA.5」に対応したファイザー社製のものだった。

接種後、会場で5分ほど待機したところで、容体が急変。

心肺停止となり病院に搬送されたが、およそ1時間半後に死亡した。

急性心不全だった。

妻の身に何が起きたのか。
飯岡さんは2日後、市役所で説明を受けた。

市の説明によると、綾乃さんは「息が苦しい」と訴え、待機していた医師により、処置室で酸素マスクを装着された。

その後、綾乃さんは2度にわたって血の混じった泡を吐き、心肺停止状態になったという。

飯岡さんが問題視しているのは、その時、アナフィラキシーショックへの対応がなされなかった点。

これは、市役所で説明を受けた際の音声。

飯岡さん「ワクチンを打ったときに出る症状、アナフィラキシーが出るって有名。それを疑わずに、違うものなんじゃないかと判断をして、人を殺したっていう判断は合っているんですか?」
医師会「疑ってないわけではない」
飯岡さん「疑ってるんだったら、一刻も早く打つべきだったんじゃないですか?」
医師会「意識が遅れていたかもしれない」

日本救急医学会は、ワクチン接種後に複数の症状が出たらアナフィラキシーと判断して、ためらわずにアドレナリンを筋肉注射としている。

11日、取材に応じた愛西市の担当者は、悲しい出来事だったとしたうえで、当時の対応についてこう説明した。

愛西市健康推進課・服部芳樹課長「医師・看護師はその場におけて、できうる限りのことをしていただいたと認識している」

突然、妻を失った飯岡さん。

帰宅すると、キッチンに置かれた鍋の中に、飯岡さんのために綾乃さんが作ったロールキャベツが残されていた。

飯岡さん「鍋が一個ポンって置いてあって、中身見たら泣けてきましてね。『あ、綾乃の味だ』って思って、また泣けてきて。このおいしいやつをもう食べられないんだって思って」

この容体の急変一刻を争う状況で初動に問題はなかったのか。

その検証結果が待たれる。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コロナウイルス 症状カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus