主犯格はドバイか…持続化給付金不正受給の疑いで国税局職員を逮捕 詐欺グループには“同期”や大手証券会社元社員も 専門知識悪用の可能性|TBS NEWS DIG

主犯格はドバイか…持続化給付金不正受給の疑いで国税局職員を逮捕 詐欺グループには“同期”や大手証券会社元社員も 専門知識悪用の可能性|TBS NEWS DIG

相次ぐ持続化給付金の不正受給、今度は国税局の職員が逮捕されました。詐欺グループには、幼なじみの元国税局職員や大手証券会社の元社員もいて、主犯格とみられる人物はドバイにいるといいます。専門知識を悪用した可能性もあります。

■不正受給で国税局職員逮捕 証券会社元社員も・・・関係は?

私たちは今年4月から男の姿を追っていました。

記者
「男が出てきました。国税局職員の男が出てきました」

カメラが捉えたのは東京国税局の職員、塚本晃平容疑者、24歳。このときは友人と談笑していました。そして1日。塚本容疑者は複数の捜査員に囲まれていました。

記者
「持続化給付金をだまし取った疑いで東京国税局職員の男が捜査員に連れられていきます」

詐欺の疑いで逮捕されたのは、塚本容疑者と東京・三鷹市の会社員、佐藤凛果容疑者(22)です。

2人はおととし8月、仲間と共謀し、当時17歳の少年を新型コロナで収入が減った個人事業主と偽り、ウソの申請をして持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。

記者
「塚本容疑者はこちらの鶴見税務署に勤務し税の徴収の知識を悪用し犯行に及んでいました」

逮捕された2人はどんな関係だったのでしょうか。

東京国税局で税金の徴収を担っていたという塚本容疑者。佐藤容疑者とともに暗号資産の投資グループに入っていました。

詐欺を行ったグループの中で塚本容疑者の役割は書類の偽造で、佐藤容疑者は申請役。他にも指示役や主犯格とみられる人物がいて、その中には大和証券の元社員や国税局の元職員、中村上総被告(24)がいました。塚本容疑者は、国税局の同期である中村被告からグループに誘われたのだといいます。

記者
「塚本容疑者と中村被告は同じ熊本県内の小中学校に通い、十数年来の付き合いだということです」

中学校の卒業アルバムには、2人が複数のクラスメイトたちと一緒に指を重ね合わせる写真も。
幼なじみで職場でも同期だった塚本容疑者と中村被告。東京・町田市のマンションを拠点に確定申告の偽造書類を作成していたといいます。

そして不正受給した100万円は、20万円を幹部で山分け、残りの80万円を暗号資産に投資していたとみられています。

塚本容疑者がこれまで受け取った報酬はあわせて120万円とみられ、佐藤容疑者は取り調べに対し「報酬は一切受け取っていない」と話しているということです。

■「暗号資産投資で2倍に」虚偽申請の大学生「やばいやつ」

国税局や証券会社などの専門知識を悪用したとみられる今回の不正受給事件。

主犯格とみられる人物は30代で、現在は中東のドバイにいるのだといいます。グループは、「持続化給付金指南役チーム」というLINEグループを作り、勧誘した大学生などに不正受給の方法を指南していたとみられています。

その誘い文句が・・・
「給付金を暗号資産に投資すれば2倍にする」

およそ200人に虚偽の申請をさせ、その額は2億円にも上るとみられています。そのうちの1人の大学生(当時19)は、私たちの取材に対し、“友人に誘われ、実際に虚偽の申請をし100万円の給付金を受け取った”と話しました。

100万円を不正受給した大学生(当時19)
「最初から完全にやばいやつだと思ってずっと遠回りに拒否していたけど、深夜3時まで続いたから帰って欲しくて書類を書いた。友達関係がなくなると思うとどうしても断れなかった」

この大学生は詐欺の疑いで書類送検され、親に相談して100万円を返金したといいます。

■過去にもあった国税局職員による給付金詐欺事件

国税局の職員による給付金の詐欺事件は過去にも。

おととし、山梨県の甲府税務署の20代の職員らが大学生らの名義で給付金をだまし取ったとして逮捕。その後有罪判決を受けています。

専門家は、知識を利用し制度の脆弱性を突いた悪質な犯行だと指摘します。

中央大学法科大学院 酒井克彦教授
「税務職員から見れば、虚偽の確定申告書を作るなんてことは極めてたやすいこと。公務員全体に対する信頼性や行政全体に対する信頼性を毀損する。重く受け止めるべき問題」

取り調べに対し塚本容疑者は黙秘。給付金の申請役だった佐藤容疑者は「申請には関わったが不正受給とは知らなかった」と容疑を否認しています。

職員の逮捕に東京国税局は「公務に対する信頼を著しく損なうものであり、深くお詫び申し上げます。今後事実関係を確認し、厳正に対処いたします」とコメント。

全国で発覚している持続化給付金の不正受給。今年4月末までに摘発されたのは3600人を超え被害総額は31億8400万円に上っています。

■“家族ぐるみ”10億円詐取か 1件40万円の報酬か

給付金の不正受給を巡っては家族ぐるみで10億円近くをだまし取った疑いのある事件でも新たな情報が。

この事件では母親の谷口梨恵容疑者(45)と息子の大祈容疑者(22)らが逮捕され、主犯格とみられる父親の谷口光弘容疑者(47)がインドネシアに逃亡しています。

谷口容疑者らの詐欺グループはおよそ1780件の虚偽申請を繰り返してい…(https://newsdig.tbs.co.jp/list/article?id=jnn-20220603-6021477)

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

コロナ対策 減収証明カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus