予防医療の名医が明かす、コロナワクチンの危険なワナ!新潟大学名誉教授 岡田 正彦 氏 元気の学校

予防医療の名医が明かす、コロナワクチンの危険なワナ!新潟大学名誉教授 岡田 正彦 氏 元気の学校

全編視聴したい方、元気の学校への入会希望の方は
下記からお手続きをお願いします。
https://genki.ac/lp/

Twitter:

Tiktok:
https://www.tiktok.com/@genkigakkou

講師:
新潟大学名誉教授
岡田 正彦(おかだ まさひこ)氏

Twitter

【動画の目次】
00:00 ご挨拶&講師紹介
03:53 医療情報の解析を行うようになった経緯
05:43 医療の間違いに警鐘を鳴らし始めた理由
09:27 新型コロナワクチン接種の効果はあるのか?

さて、医療情報といえば
昨今の筆頭格では「コロナワクチン」ですが、

このワクチンが日本や世界で
採用されたきっかけは、

そもそもファイザー社が発表した
「ワクチンは95%有効」という
「エビデンスデータ」からでした。

しかし、時を経るにつれて、
どうもこの「エビデンスデータ」が
不可解であることが専門家の間で
ささやかれ始めます。

実験の過程に意図的な隠ぺいの可能性が
あったことが指摘され、

実際に実験を担っていたスタッフから
公平な試験になっていないという
内部告発も出されたりしました。

しかし、巨額な資金が流れる
ドル箱のワクチンに不都合な情報は、
かき消されていたのが現状のようです。

果たして、製薬会社が主張していた通りに
ワクチンは効いているのでしょうか?

エビデンスデータを見極める岡田先生に
論文の原文に沿ってお話いただきました。

そして、肝心のワクチンの成分についても
危惧される点が見つかっています。

・ワクチンのスパイク蛋白の危険な性質
 コロナワクチン特有の問題が
 自己免疫病を引き起こすリスクとは?

次に新型コロナの副作用についてですが、
現在確認されている症状、
新たに報告されている症状についても
お聴きしました。

・副作用で血小板が減少!?
 実際に報告されたワクチン接種後に起きた
 疾患の数々とは?

・ブースター効果の実証はなし?
 子どもの接種については、
 米国では65%が非積極的になる
 本当の理由とは?

・後発の国産ワクチンなら安全なのか?
 国産ワクチンの種類と安全性についての疑問。

・治療薬はどうなのか?
 期待されていたイベルメクチン
 レムデシビル、モルヌピラビルの実際とは?

加えて、コロナワクチン情報だけでなく、
近未来におけるAI医療についても
お聴きしました。

・そもそも医療AIの仕組みとは?

・どのようにして精度を上げているのか?

・AIが現在の医療に
 どう活用され始めているのか?

・AI医療は何が得意なのか?

・教える側の医師でさえ誤診が多いのに
 教わる側のAIが正確に診断できるのか?

などなど、

ぜひ今すぐご覧下さい。

#コロナ#ワクチン#医療情報
#医療AI#副作用#製薬会社
#元気の学校#健康#健康法
#健康の裏側#真実の情報

コロナ スパイクカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus