専門家「5つの対策」を提言 新型コロナ対策分科会(2022年7月14日)

専門家「5つの対策」を提言 新型コロナ対策分科会(2022年7月14日)

 14日午前から始まった政府の新型コロナ対策分科会で、専門家がワクチン接種の加速化や効率的な換気など、感染の“第7波”に向けた5つの対策を提言したことが分かりました。

 専門家が緊急提言として示しているのは、ワクチン接種の加速化、検査のさらなる活用、効率的な換気、国・自治体による効率的な医療機能の確保、基本的な感染対策の徹底の「5つの対策」です。

 専門家は、高齢者への4回目のワクチン接種が十分進んでいないことや夏休みで接触の機会が増えるなどと指摘したうえで、感染の第7波では重症者や死亡する人が増え、医療提供体制や社会機能の維持に影響が出る可能性があるとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新型コロナウイルス対策カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus