2022年の企業倒産 低水準も新型コロナ関連が前年3倍 秋田県 (23/01/11 12:00)

2022年1年間に秋田県内で1000万円以上の負債を抱えて倒産した企業は過去2番目に少ない36件となった一方で、新型コロナ関連の倒産が増加した。

 民間の信用調査会社東京商工リサーチ秋田支店のまとめによると、2022年1月から12月の間に秋田県内で1000万円以上の負債を抱えて倒産した企業は36件で負債総額は41億4500万円だった。

 件数、負債総額ともに統計を取り始めた1971年以降2番目に少なくなった。一方で22件が新型コロナウイルス関連の倒産で2021年の約3倍に増えた。

 業種別では卸売業が8件と最も多く、次いで製造業が6件、小売業と建設業が5件などとなっている。

 今後の見通しについて東京商工リサーチ秋田支店は「新型コロナ関連融資の返済難に陥る企業増加が懸念され、物価高なども相まって中小・零細企業を中心に倒産が増加傾向に転じる可能性がある」と分析している。

コロナ関連の融資カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus