自粛に科学的根拠なし、強制ワクチン接種・管理社会への道

自粛に科学的根拠なし、強制ワクチン接種・管理社会への道

自粛をすることにより、感染拡大が防止できるという考え方に科学的根拠はありません。そもそも健康な人が自粛をしなければいけないという考えは、症状のない人が、感染源になることがあるという話から来ています。この話の科学的根拠は、ドイツのグループが出した論文ですが、PCR法を診断に使っています。このPCR法の根拠は、中国のグループがNatureに出した論文ですが、彼らはウイルスを分離していませんし、感染源になるとも言っていません。また、遺伝子配列も患者の肺をサンプルとして決めており、信頼できないものです。
 ウイルスの驚異を利用して国民全員の自粛要請を強要し、この自粛社会から抜け出すためには、国民全員がワクチンを接種しなければならないというストーリーに国民を誘導して、洗脳による強制ワクチン接種・管理社会へ持ち込む計画の一環であることを、グルーバルな視点から考える必要があります。

学びラウンジカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus