コロナ騒動は人災。歴史の転換期として、今後を予測する。

コロナ騒動は人災。歴史の転換期として、今後を予測する。

コロナ騒動は人災です。
①病原体ウイルスが科学的に確認されていない
②Scenarios for the Future of Technology and International DevelopmentやEvent201などで、今日の総動に類するものが写実的に描かれていること。
③金融の頂点に立つ大富豪はユダヤ人であり、彼らの聖典に書かれてる破壊から理想世界へ世界が向かっていると考えられること。
このような視点から、今日のコロナ騒動を捉えると、自粛賛成派と自粛反対派の対立構造から、強制ワクチン接種、催奇性薬、さらに食糧危機などによる人口削減などを目的とした第3次世界大戦の姿が見えてきます。
 歴史的に見ると、革命や世界大戦など大きな転換期には、宗教が関わってきています。このように歴史的な観点から、コロナ騒動を捉え直す必要があります。

学びラウンジカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus