天皇陛下 新型コロナウイルスのワクチンを接種(2021年7月6日)

天皇陛下 新型コロナウイルスのワクチンを接種(2021年7月6日)

 天皇陛下が6日、新型コロナウイルスのワクチンを接種されたと宮内庁が発表しました。

 宮内庁によりますと、陛下は午後、お住まいの赤坂御所で1回目のワクチンを接種されたということです。

 皇室の方々のワクチン接種は先月、上皇ご夫妻と常陸宮ご夫妻、三笠宮家の信子さま、高円宮妃久子さまが宮内庁病院などでそれぞれ2回の接種を終えています。

 皇室の方々のワクチン接種を巡り、宮内庁は個人情報であるとして公表しない考えを示してきましたが、6日に天皇陛下の接種を公表したことについては「象徴としての地位に鑑みて慎重に判断し、公表した」と説明しています。

 皇后さまが接種したかどうかについては明らかにしていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コロナウィルスカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus