新型コロナ発生源 特定困難 米が調査 最初の兆候は中国・武漢

新型コロナ発生源 特定困難 米が調査 最初の兆候は中国・武漢

アメリカの情報機関は、新型コロナウイルスの発生源について、中国による情報提供がなければ、特定は難しいとの調査結果を公表した。

報告書によると、感染拡大の最初の兆候は中国・武漢で、2019年の11月までにあったとみられ、その後、急速に広まったとしている。

発生源は、動物由来とする説と、武漢にあるウイルス研究所での事故で流出したとする説の2つが有力だとしているが、中国による情報提供がなければ、特定は難しいと結論づけた。

バイデン大統領は声明で、中国による「情報隠し」を批判し、「世界的な悲劇への説明責任がある」と主張。

これに対し、アメリカにある中国大使館は、「科学性も信頼性もない」と反発している。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コロナウィルスカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus