ブレークスルー感染 特徴は?対策は?重要なのは・・・(2021年12月6日)

ブレークスルー感染 特徴は?対策は?重要なのは・・・(2021年12月6日)

 5日、東京都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は、20人でした。

 前の週の日曜日よりも11人増加しましたが、24日連続で30人を下回っています。

 その一方で・・・。

 群馬県庁:「保健所の調査によると、作業的に密になる状況はありませんでした」「全員の方が、同じ建物の中では必ずしもない」

 群馬県太田市の工場で起きた大規模クラスター。5日までに、従業員合わせて42人の感染が明らかになりました。

 感染したのは、10代から50代の男女で、およそ7割にあたる29人は、ワクチンの接種を2回済ませていました。

 ワクチン接種後に感染する「ブレークスルー感染」について、専門家は・・・。

 順天堂大学大学院・堀賢教授:「ブレークスルー感染の特徴として、症状がでないか、あってもごくわずか。感染していても気付きにくいという特徴があるので、クラスターが大きくなりやすい」

 さらに、新型コロナ感染者が減少している今、重要なこととは・・・。

 順天堂大学大学院・堀賢教授:「朝礼とか、同僚と顔を合わせる機会に、お互いの体調が大丈夫なのかという、声掛けを欠かさないようにというのが、こういった事故を防ぐ対策になる。ワクチンを過信しないというのが重要」

(「グッド!モーニング」2021年12月6日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新型コロナウイルス対策カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus