欧米で新型コロナ感染者急増 仏・公共の場でのマスク着用義務化

欧米で新型コロナ感染者急増 仏・公共の場でのマスク着用義務化

フランスのパリでは、新型コロナウイルスの感染者の急増を受けて、31日から屋外を含めて公共の場所でのマスク着用を義務づけた。

フランスでは、30日に発表された新規感染者数は20万6,243人と、2日連続で20万人を超えた。

新たに180人が亡くなり、集中治療室に入院している人は3,506人という。

感染拡大を受けてパリ警視庁は、11歳以上を対象に、31日から屋内外を問わず、公共の場所でのマスク着用を義務づけた。

対象外となるのは、運動をしているときや車や自転車に乗っているときなどで、違反した場合は罰金135ユーロ、日本円でおよそ1万7,000円が科されるという。

一方、アメリカでも感染拡大が止まらず、CDC(疾病対策センター)は30日、オミクロン株は狭い空間では感染しやすいとして、クルーズ船の乗船を避けるよう勧告した。

乗船する場合は、ワクチン接種のほか、乗船前の検査が必要としている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コロナウィルスカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus