分科会で“宣言”意見も 尾身会長が明かす 新型コロナウイルス

分科会で“宣言”意見も 尾身会長が明かす 新型コロナウイルス

政府分科会の尾身会長は、7日の分科会で、今後の見通しなどについて「緊急事態宣言も考えた方が良い」との意見があったことを明らかにした。

政府分科会・尾身会長「これから緊急事態宣言みたいなものも時期はわかりませんけど、状況によって出すことも考えておいた方がいいのではという意見は出た」

尾身会長は、オミクロン株による感染拡大が続き、医療が逼迫(ひっぱく)した場合、「緊急事態宣言を理論上考える。今、そういうところにわれわれはいる」と述べた。

また、「ワクチンの効果が弱まっている」としたうえで、高齢者への3回目接種について、「早くやることを最優先課題にすべき」と強調した。

一方、観光支援事業「GoToトラベル」の再開については、「やる時期ではもちろんない」との見解を示した。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

新型コロナウイルス対策カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus