英・サッカー場に6万人・・・感染最多も“ノーマスク”(2021年12月17日)

英・サッカー場に6万人・・・感染最多も“ノーマスク”(2021年12月17日)

 今後、市中感染などさらなる感染拡大のリスクが懸念されるなか、オミクロン株が急速に広がる海外では・・・。

■英国・感染最多も“ノーマスク”

 イギリス・ロンドンのサッカースタジアムには、地元サポーターが集結。しかも、そのほとんどが“ノーマスク”です。

 感染者数が過去最多となるなか、サッカーのプレミアリーグは、スタジアムの定員6万人を入れ、通常開催となっています。

 しかし、イギリスの感染状況は深刻です。政府は、ロンドンの感染者の6割が、オミクロン株とみられるとの見解を示しました。

 イギリス全体での16日の一日当たりの感染者数も、8万8376人となり、過去最多を更新しました。

 イギリス・ジョンソン首相:「オミクロン株の感染の波は、イギリスを襲い続けている」

■韓国・“ウィズコロナ”中断・・・

 同じく、新型コロナの感染拡大に歯止めがかからないのが、韓国です。

 16日に発表された新規感染者数は、7622人と過去2番目に多く、重症者は1000人に迫り、過去最多を更新しました。

 さらに、オミクロン株の感染者も150人に迫っています。

 過去最悪レベルの感染状況に、韓国政府は、感染対策と経済との両立を目指す“ウィズコロナ”政策を18日から中断すると発表。飲食店の営業時間などの制限を再び強化することにしました。

■検疫職員もオミクロン株感染

 日本への流入を防ぐカギを握る水際対策。その最前線の一つ、関西空港の検疫所では、職員のオミクロン株への感染が判明しました。

 この職員は、検疫で陽性となった人の宿泊療養施設に勤務していて、その施設内で感染したとみられています。

(「グッド!モーニング」2021年12月17日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コロナウイルス 海外カテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus