オミクロン

1/2ページ

【解説】第7波到来か?アメリカ・ニューヨークの新型コロナ最前線の医師「ワクチン接種は4回目より3回目が重要」(2022年7月14日)

新たな変異種「BA.5」への置き換わりが進み、急激な感染拡大をみせている新型コロナウイルス。同じく感染が拡大しているアメリカ・ニューヨークの最前線にいる山田悠史医師にアメリカでの事例を踏まえて「ワクチン接種」や「アメリカで死者が多い理由」などについて聞きました。 (2022年7月14日 MBSテレビ「よんチャンTV」より)   ▼MBS... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

第7波 オミクロンBA5の特徴。症状や治療法、ワクチンの効果について【感染症専門医が詳しく解説】

現在日本で新型コロナウイルスによる感染が急増しています。その大部分がオミクロンの亜系統であるBA.5によるものです。世界中で広がるBA.5について、今分かっている症状、ワクチンの効果などについて谷口先生に解説していただきました。 0:00... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

新型コロナ(オミクロン株)の感染力は○日間つづく!いつまで感染対策が必要?抗原検査で確認できる?【医師が解説】

新型コロナウイルスに感染し、自宅で療養してるとでてくる「いつまで他のひとにうつす可能性があるのか」という心配について、「新型コロナウイルス(オミクロン株)にかかった後の感染力」を解説しました。オミクロン株にかかった後に「ウイルスが分離される期間(=感染力がある期間)」について、ワクチン接種の影響も含めて、下欄にある論文をつかってお話ししています。抗原定性検査キットでの感染力確認についても解説しました。 自主検査でも使える抗原検査キットについては↓↓↓の動画を作成していますので、みてみてください! ▽関連動画▽ 新型コロナ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】体内に新型コロナウイルスが残り続ける『持続感染』の脅威…一方で「ミルナイン」みれば事前にわかる「重症化予測」と「入院日数」(2022年8月2日)

千葉大学病院が新型コロナウイルスの治療で世界初という研究結果を明らかにしました。それは「ミルナイン」という血中のたんぱく質の値が高いほど重症化する傾向にあるというものです。このやっかいなたんぱく質は肺の炎症を悪化させ、入院日数も増加させるということです。関関西医科大学附属病院の宮下修行教授によると「ミルナイン」の発見で患者によって重症化の有無などが事前に診断できたり、今後は治療薬の開発にも役立ったりと、その活用法にも期待されるといいます。  一方で、豊橋技術科学大学と岡山大学は、新型コロナウイルスが体内で少量ながらずっと残り続けるという研究成果をあきらかに。長期間体内でウイルスが排除されずに残り続ける“持続感染”は脅威で「新型コロナは感染しないにこしたことはない」といいます。 (2022年8月2日 MBSテレビ「よんチャンTV」より) ▼MBS... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

新型コロナウイルス(オミクロン株)の感染力は○日間つづく!いつまで感染対策が必要?抗原検査で確認できる?【医師が解説】

新型コロナウイルスに感染し、自宅で療養してるとでてくる「いつまで他のひとにうつす可能性があるのか」という心配について、「新型コロナウイルス(オミクロン株)にかかった後の感染力」を解説しました。オミクロン株にかかった後に「ウイルスが分離される期間(=感染力がある期間)」について、ワクチン接種の影響も含めて、下欄にある論文をつかってお話ししています。抗原定性検査キットでの感染力確認についても解説しました。自主検査でも使える抗原検査キットについては↓↓↓の動画を作成していますので、みてみてください! 【関連動画】 新型コロナ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】お盆休みの帰省先や旅行先でもし!コロナに感染してしまったら…宿泊療養施設は?お薬手帳は?解熱剤は?検査キットがネット販売へ社会(2022年8月9日)

もし、夏休みの旅行先や帰省先で感染してしまったらどうすればいいのでしょうか?新型コロナ第7波の感染拡大が続く中で、まもなくお盆休み。そこで旅行中や実家に帰省中にコロナ感染してしまった時の備えた心構えを大阪公立大学大学院・城戸康年教授に聞きました。また今月中に抗原検査キットがネットでようやく販売されることになりました。「対外診断用医薬品」と書かれたものを選ぶよう呼び掛けています。 (2022年8月9日MBSテレビ「よんチャンTV」より) ▼MBS... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】体内に新型コロナウイルスが残り続ける『持続感染』の脅威…一方で「ミルナイン」みれば事前にわかる「重症化予測」と「入院日数」(2022年8月2日)

千葉大学病院が新型コロナウイルスの治療で世界初という研究結果を明らかにしました。それは「ミルナイン」という血中のたんぱく質の値が高いほど重症化する傾向にあるというものです。このやっかいなたんぱく質は肺の炎症を悪化させ、入院日数も増加させるということです。関関西医科大学附属病院の宮下修行教授によると「ミルナイン」の発見で患者によって重症化の有無などが事前に診断できたり、今後は治療薬の開発にも役立ったりと、その活用法にも期待されるといいます。  一方で、豊橋技術科学大学と岡山大学は、新型コロナウイルスが体内で少量ながらずっと残り続けるという研究成果をあきらかに。長期間体内でウイルスが排除されずに残り続ける“持続感染”は脅威で「新型コロナは感染しないにこしたことはない」といいます。 (2022年8月2日 MBSテレビ「よんチャンTV」より) ▼MBS... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】体内に新型コロナウイルスが残り続ける『持続感染』の脅威…一方で「ミルナイン」みれば事前にわかる「重症化予測」と「入院日数」(2022年8月2日)

千葉大学病院が新型コロナウイルスの治療で世界初という研究結果を明らかにしました。それは「ミルナイン」という血中のたんぱく質の値が高いほど重症化する傾向にあるというものです。このやっかいなたんぱく質は肺の炎症を悪化させ、入院日数も増加させるということです。関関西医科大学附属病院の宮下修行教授によると「ミルナイン」の発見で患者によって重症化の有無などが事前に診断できたり、今後は治療薬の開発にも役立ったりと、その活用法にも期待されるといいます。  一方で、豊橋技術科学大学と岡山大学は、新型コロナウイルスが体内で少量ながらずっと残り続けるという研究成果をあきらかに。長期間体内でウイルスが排除されずに残り続ける“持続感染”は脅威で「新型コロナは感染しないにこしたことはない」といいます。 (2022年8月2日 MBSテレビ「よんチャンTV」より) ▼MBS... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】体内に新型コロナウイルスが残り続ける『持続感染』の脅威…一方で「ミルナイン」みれば事前にわかる「重症化予測」と「入院日数」(2022年8月2日)

千葉大学病院が新型コロナウイルスの治療で世界初という研究結果を明らかにしました。それは「ミルナイン」という血中のたんぱく質の値が高いほど重症化する傾向にあるというものです。このやっかいなたんぱく質は肺の炎症を悪化させ、入院日数も増加させるということです。関関西医科大学附属病院の宮下修行教授によると「ミルナイン」の発見で患者によって重症化の有無などが事前に診断できたり、今後は治療薬の開発にも役立ったりと、その活用法にも期待されるといいます。  一方で、豊橋技術科学大学と岡山大学は、新型コロナウイルスが体内で少量ながらずっと残り続けるという研究成果をあきらかに。長期間体内でウイルスが排除されずに残り続ける“持続感染”は脅威で「新型コロナは感染しないにこしたことはない」といいます。 (2022年8月2日 MBSテレビ「よんチャンTV」より) ▼MBS... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】新型コロナ「BA.5」今後注意すべき「ハイブリッド流行」子どもの様子を見て”救急車を呼ぶ”のは、どんな症状?(2022年7月22日)

日本国内では、変異株「BA.5」に置き換わりが完了したとみられます。今後注意が必要なのが新型コロナ+αの「ハイブリッド流行」。また、夏場を迎え感染した子どもの「脱水重症化」に注意が必要です。もし「時・人・場所」の認識が低下したら、すぐ救急車を!感染症が専門の関西福祉大学・勝田吉彰教授の解説です。   ▼MBS... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】『けん怠感』『せき』…”最も感染力が強い”新型コロナオミクロン亜種「BA.5」症状の特徴は?最前線の医師が解説(2022年7月21日)

7月21日に2日連続で大阪府では2万人超の新規感染者を記録するなど全国各地で感染者が急増しています。感染拡大の要因の1つとされているオミクロン株の亜種「BA.5」について新型コロナ患者と向き合う最前線で治療をする葛西医院の小林正宜院長にこれまでの新型コロナ患者と比べた症状の特徴について話を聞きました。フランス公衆衛生局のまとめによりますと、「BA.5」に感染した人の半数以上の人が『けん怠感』『せき』などの症状がでていて、「BA.1」と比べると味覚・嗅覚異常の症状を訴えている人の割合が多いということです。 ▼MBS... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus