NEWS

1/59ページ

【新型コロナ】静岡県の新規感染1763人 「換気悪くマスクなしで騒ぐと感染しやすい」県がW杯観戦時の注意呼びかけ(11/25)

11月25日、静岡県内では、新たに1763人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。1週間単位の新規感染者数は、依然として増加傾向にあります。 新たな感染者1763人のうち、浜松市が299人、静岡市が200人です。浜松市で、基礎疾患のある高齢の男女あわせて2人の死亡が報告されています。 1日あたりの新規感染者数は先週金曜日(11月18日:1868人)より105人少なく、2日連続で前の週を下回りましたが、1週間単位でみると依然として、増加傾向にあります。 静岡県は25日に行った会見の中で、感染したことに気づいていない無症状の感染者が15人に1人はいるとのデータを示し、熱戦が続くFIFAワールドカップを観戦する際の注意を呼びかけました。 <静岡県... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

詐取したコロナ給付金 口座に隠匿か コンサル会社を書類送検

だまし取った新型コロナウイルスの持続化給付金を銀行口座に隠した疑いで、コンサルタント会社が書類送検された。 この容疑での会社の立件は、全国で初めて。 愛知・名古屋市のコンサル会社「iNiDEP」役員の太田親幸容疑者(40)と江部薫容疑者(35)、代表の谷逸輝容疑者(25)ら5人は、うその申請でだまし取った37人分の持続化給付金3,700万円のうち、740万円を谷容疑者の銀行口座に隠した疑いが持たれている。 また、法人としての「iNiDEP」も書類送検された。 組織犯罪処罰法違反を法人に適用して立件するのは、全国で初めて。 警視庁は、谷容疑者が給付金をだまし取る FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

イーロン・マスク氏「激務が嫌なら退職を」@アメリカのニュース FNNプライムオンライン #shorts

社員の半数をすでに解雇しているツイッター社のイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が、長時間働くことに賛同できない社員は退職するよう迫るメールを送っていた。 アメリカメディアによると、16日、マスク氏がツイッター社の社員に送ったのは「分かれ道」というタイトルのメール。 メールには、「ツイッターが成功するためには、極端にならなければならない。これは長時間、猛烈に働くことを意味する」とあり、「新しいツイッターの一員になりたいなら、添付したリンクのイエスをクリックしてほしい」と求めたという。 期限は17日午後5時までで、同意しない社員は「給料3カ月分の退職金を受け取ることになる」としている。 FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【ニュースライブ】マスク氏「ツイッターは日本中心だ」/米コロナ対策の専門家トップ・ファウチ氏が最後の会見 ― 最新ニュースまとめ(日テレNEWS LIVE)

・ツイッター従業員“7500人→2700人”米メディア報道 買収のマスク氏「ツイッターは日本中心だ」 ・米コロナ対策の専門家トップ・ファウチ氏が最後の会見 ・替え玉受験 “代行が犯罪となった事例あるか調べた”違法ではないと思い込みか ・イラン“濃縮度60%ウラン製造”中部の核施設 IAEA非難決議への対抗措置か ・「レインボーブリッジ」を自転車で走行 祝日イベントに2000人 ・住宅全焼、1人の遺体発見…住人男性か さいたま市 ・サウジアラビア W杯でアルゼンチンを下す大金星の翌日が急きょ祝日に ・プーチン大統領とキューバ大統領が会談 共に制裁を受けるアメリカをけん制 ・3年後に東京で開催「デフリンピック」 メダリストが都内の小学校で授業 ・塩野義製薬「ゾコーバ」緊急承認 来月はじめには医療機関での使用目指す ・厚労省専門家会議が報告... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【ライブ】新型コロナ 迫る“第8波”「第7波以上の惨状に…」ツインデミック”懸念 医療現場は戦々恐々 / 今こそ知りたいワクチンあれこれ / 「フルロナ」警戒 など (日テレNEWS LIVE)

16日も、全国の新型コロナウイルスの感染者は10万人を超えました。政府の分科会は、”第8波”への備えとして新たな対応策を決定しました。現在5段階となっている感染状況のレベルを、4段階に見直します。 新型コロナに関するニュースをまとめました。 ・“第8波”迫る中…物価高が医療機関に打撃 電気代も100万円上がり経営圧迫 ・“インフル”と“コロナ”…同時感染「フルロナ」警戒 重症化リスク4倍も ・迫る“第8波”…医療現場で問い合わせ増加「すでにひっ迫…」 旅行会社も危機感 ・【解説】感染レベル“4段階”に見直し…「第8波」対策 旅行や帰省自粛「医療非常事態宣言」 ・【解説】今こそ知りたいワクチンあれこれ…街で聞いた気になるギモンに答えます! ・忘年会は「空気を読みつつ」感染リスクは?... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【ライブ】新型コロナ 迫る“第8波”「第7波以上の惨状に…」ツインデミック”懸念 医療現場は戦々恐々 / 今こそ知りたいワクチンあれこれ / 「フルロナ」警戒 など (日テレNEWS LIVE)

16日も、全国の新型コロナウイルスの感染者は10万人を超えました。政府の分科会は、”第8波”への備えとして新たな対応策を決定しました。現在5段階となっている感染状況のレベルを、4段階に見直します。 新型コロナに関するニュースをまとめました。 ・“第8波”迫る中…物価高が医療機関に打撃 電気代も100万円上がり経営圧迫 ・“インフル”と“コロナ”…同時感染「フルロナ」警戒 重症化リスク4倍も ・迫る“第8波”…医療現場で問い合わせ増加「すでにひっ迫…」 旅行会社も危機感 ・【解説】感染レベル“4段階”に見直し…「第8波」対策 旅行や帰省自粛「医療非常事態宣言」 ・【解説】今こそ知りたいワクチンあれこれ…街で聞いた気になるギモンに答えます! ・忘年会は「空気を読みつつ」感染リスクは?... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

クラスター 患者14人死亡の教訓[新型コロナ]【news23】

緊急事態宣言は解除されましたが、各地で今も相次いでいるのが病院でのクラスターです。懸念される「第4波」をどう防ぐのか。80人が感染し、14人が死亡するという大規模なクラスターを経験した、ある病院の教訓を取材しました。  画面にはぎこちなく歩く、自身の姿が写っています。岩瀬雅則さん。新型コロナウイルスに感染し、意識が混濁した状態が10日ほど続きました。  「息をしているのに、ちょっと苦しいなと思ったとき、ひょっとして、意識がなくなって死んでしまうということがあるだろうかと」(放射線技師... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【感染者増加】新型コロナ第8波は。過去の反省を生かすためには【深層NEWS】

▼どうして去年の同時期よりも感染者数が増えているのか ▼「変異株」に対してどのような対策が必要か ▼第8波に備えて打ち出された新たな仕組みとは ▼「巨額」コロナ対策予算のあるべき姿とは? ▼新型コロナ第8波への対策 政治の役割は? (2022年11月15日放送... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

「外国人マスクなしで大騒ぎ」 秋田県知事の発言が物議

新型コロナウイルスの第8波のピークが、年内にも来るとの予測が出されました。 そんな中、秋田県知事が発した言葉が、物議を醸しています。 FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】新型コロナと“同時感染”で死亡リスク2.35倍?「インフルエンザ」じわじわ流行か 学年、学級閉鎖の学校も|TBS NEWS DIG

全国的に新型コロナの感染者数が増加している最中、都内ではインフルエンザで今季初の学年、学級閉鎖する公立学校が出るなど流行の兆しを見せています。 コロナとインフルの“同時感染”によるリスクは?医師を交えて解説していきます。 ■“インフル”じわじわ流行か コロナとの同時流行は? 井上貴博キャスター: 政府医師会が体制を変えず、迎える波になります。 まず、インフルエンザについて1つ情報をお伝えします。東京・八王子市にある大和田小学校では、児童33人がインフルエンザ陽性判定となりました。都内の公立学校としては、今シーズン初めての学年閉鎖、学級閉鎖がとられています。 厚労省ホームページによると、10月31日から11月6日のインフルエンザの定点報告数は、全国的に見ても270例(前週比1.8倍)、大阪は107例(前週比4.5倍)、東京は31例(前週比3.4倍)、京都は28例(前週比1.4倍)、兵庫は21例(前週比2.1倍)と、前の週に比べると増えているということです。 ホラン千秋キャスター: 田代さん、インフルエンザの2022年の傾向について何か感じるところありますでしょうか? ひなた住宅クリニック山王 田代和馬院長: まだ私のクリニックでは直接の診療はありませんが、聞く話としては、2021年、2020年と比べるとインフルエンザの患者さんが出てきていると聞いていますので、2022年は感染者の数が増えるのではないかと警戒しています。 ■新型コロナとインフル“同時感染”のリスクは 井上キャスター: 次に新型コロナウイルスの状況です。まずは全国の人数です。11月17日の検査陽性者は9万3005人、そして重症者が258人、死亡者数は133人と報告されました。そして、今まで3年間ずっと繰り返し言われていることですが、冬になると新型コロナウイルスとインフルエンザの同時感染ということ。 海外で論文が発表されています。 医学雑誌「ランセット」によりますと、イギリスの研究グループが新型コロナウイルスとインフルエンザに同時感染した227人を調査しました。新型コロナウイルスのみと比べますと、人工呼吸器の装着リスクが4.14倍、死亡リスクが2.35倍増えたと発表されています。 シンプルにどういうことが起きるのか、防衛医科大学校病院の藤倉雄二医師に話を伺いました。細胞内で新型コロナウイルスとインフルエンザがセットで増えていくのではなくて、それぞれが別々で増えていくことからダメージが倍増するという考え方のようです。 防衛医科大学校病院の藤倉医師は「新型コロナウイルス、インフルエンザのどちらかに感染すると炎症により気道に傷が付くので、そこにウイルスがひっつきやすく同時感染しやすくなる」とおっしゃっています。 ■ワクチン“接種しない”約6割 都民アンケート そして、ワクチンについてです。10月1日から3日に20代から70代の男女1000人を対象に行った、都民に対する3回目の接種(1回目または2回目接種済みの人)のアンケートでは、「絶対に接種しない(13.0%)」「おそらく接種しない(44.7%)」と接種したくない方は57.7%と過半数を占めています。 といいますのも、1回目・2回目の副反応がつらかった(35.2%)、ワクチンの効果に疑問(30.7%)ということ。一方で、3回接種した方に聞きますと、4回目接種をある程度前向きに考えてらっしゃる方が約7割います。3回目を打つかどうかで感覚が変わってくるのかなというところなのかもしれません。 ワクチンを打つ打たないは個人の自由ですので、皆さんきっとご自身のリスクに当てはめて、打つ打たないを判断をなさっているのだろうと思います。 東京と全国のワクチン接種率のデータです。首相官邸のホームページによると(17日公表時点)、 ▼東京 1回目 81.02% 2回目 80.06% 3回目 65.26% 4回目 31.83% 5回目 4.23% ▼全国 1回目 81.40% 2回目 80.39% 3回目 66.63% 4回目 35.98% 5回目 2.82% となっています。 ホランキャスター: 田代さん、ワクチン接種率は様々あるようですが、年代によっても偏りはあるのでしょうか? ひなた住宅クリニック山王 田代院長: 比較的ご年配の方ですと、追加接種に前向きでいらっしゃる方が多い一方で、若い方は度重なるワクチン接種に警戒感を持っている方が多い印象です。 また、高齢者でもさすがに5回目という形で、非常に消極的な反応をされる方も多くて、これまでスムーズに接種を進められたのですが、5回目はかなり抵抗感を感じている。どの年齢層でも抵抗感を感じているのが実情です。 ホランキャスター: ワクチンに関しては、今後どうなっていくと田代さんは想像されていますか? ひなた住宅クリニック山王 田代院長: しばらくはmRNAワクチンが主体になりまして、様々な研究で大体3か月から6か月すると抗体価が下がってくる傾向にあるということで、3か月から6か月間隔での追加接種がある程度必要と…(https://newsdig.tbs.co.jp/list/article?id=jnn-20221117-6052698) ▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/ ▼チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

「外国人マスクなしで大騒ぎ」 秋田県知事の発言が物議

新型コロナウイルスの第8波のピークが、年内にも来るとの予測が出されました。 そんな中、秋田県知事が発した言葉が、物議を醸しています。 FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

新型コロナワクチン接種後に女性死亡 遺族が怒り「見殺しにした」 アナフィラキシー治療受けず

ワクチン接種後に女性が死亡。 直後の対応を調査することに。 愛知・愛西市で11月5日、40代の女性が新型コロナウイルスのワクチン接種後に死亡した。 女性は接種後体調が急変したにもかかわらず。適切な治療を受けられないまま亡くなっていたことがわかった。 女性の夫は、死亡するまでの対応に納得がいっていない。 死亡した綾乃さんの夫・飯岡英治さん(45)「この薬も打ってもない... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【感染者増加】新型コロナ第8波は。過去の反省を生かすためには【深層NEWS】

▼どうして去年の同時期よりも感染者数が増えているのか ▼「変異株」に対してどのような対策が必要か ▼第8波に備えて打ち出された新たな仕組みとは ▼「巨額」コロナ対策予算のあるべき姿とは? ▼新型コロナ第8波への対策 政治の役割は? (2022年11月15日放送... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【報道特集】持続化給付金 審査の実態は・・・

【報道特集】持続化給付金 審査の実態は・・・ 売り上げが半減した 中小の事業者に支給される持続化給付金。 「入金が遅い」と大きな批判を浴びました。 給付を決める審査業務をしていた男性が その実態を語りました。 (報道特集 2020年8月8日放送より) ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【ライブ】新型コロナ “第8波”に備え「対策強化宣言」“外出自粛要請”どこまで? / 今こそ知りたいワクチンあれこれ / “インフル”と“コロナ”…同時感染 警戒 など (日テレNEWS LIVE)

16日も、全国の新型コロナウイルスの感染者は10万人を超えました。政府の分科会は、”第8波”への備えとして新たな対応策を決定しました。現在5段階となっている感染状況のレベルを、4段階に見直します。 新型コロナに関するニュースをまとめました。 ・“第8波”迫る中…物価高が医療機関に打撃 電気代も100万円上がり経営圧迫 ・“インフル”と“コロナ”…同時感染「フルロナ」警戒 重症化リスク4倍も ・迫る“第8波”…医療現場で問い合わせ増加「すでにひっ迫…」 旅行会社も危機感 ・【解説】感染レベル“4段階”に見直し…「第8波」対策 旅行や帰省自粛「医療非常事態宣言」 ・【解説】今こそ知りたいワクチンあれこれ…街で聞いた気になるギモンに答えます! ・忘年会は「空気を読みつつ」感染リスクは?... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

「マスクで日本人の顔が見えない」東京は感染者1万人超…第8波に現実味でも、外国人観光客には“違和感”のコロナ対策|TBS NEWS DIG

第8波の懸念が現実になりつつある新型コロナについてです。東京都の新規感染者は15日、約1万人を超えました。こうした中、政府は、国際クルーズ船の受け入れ再開を発表するなど水際対策の緩和も進んでいます。 ■全国では約2か月ぶりに10万人超、東京でも約2か月ぶりに1万人超 新型コロナの新規感染者 厚労省が11月15日に発表した東京都の新規感染者は1万1196人。1万人を超えるのは約2か月ぶりのことです。 東京都... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【解説】新型コロナと“同時感染”で死亡リスク2.35倍?「インフルエンザ」じわじわ流行か 学年、学級閉鎖の学校も|TBS NEWS DIG

全国的に新型コロナの感染者数が増加している最中、都内ではインフルエンザで今季初の学年、学級閉鎖する公立学校が出るなど流行の兆しを見せています。 コロナとインフルの“同時感染”によるリスクは?医師を交えて解説していきます。 ■“インフル”じわじわ流行か コロナとの同時流行は? 井上貴博キャスター: 政府医師会が体制を変えず、迎える波になります。 まず、インフルエンザについて1つ情報をお伝えします。東京・八王子市にある大和田小学校では、児童33人がインフルエンザ陽性判定となりました。都内の公立学校としては、今シーズン初めての学年閉鎖、学級閉鎖がとられています。 厚労省ホームページによると、10月31日から11月6日のインフルエンザの定点報告数は、全国的に見ても270例(前週比1.8倍)、大阪は107例(前週比4.5倍)、東京は31例(前週比3.4倍)、京都は28例(前週比1.4倍)、兵庫は21例(前週比2.1倍)と、前の週に比べると増えているということです。 ホラン千秋キャスター: 田代さん、インフルエンザの2022年の傾向について何か感じるところありますでしょうか? ひなた住宅クリニック山王 田代和馬院長: まだ私のクリニックでは直接の診療はありませんが、聞く話としては、2021年、2020年と比べるとインフルエンザの患者さんが出てきていると聞いていますので、2022年は感染者の数が増えるのではないかと警戒しています。 ■新型コロナとインフル“同時感染”のリスクは 井上キャスター: 次に新型コロナウイルスの状況です。まずは全国の人数です。11月17日の検査陽性者は9万3005人、そして重症者が258人、死亡者数は133人と報告されました。そして、今まで3年間ずっと繰り返し言われていることですが、冬になると新型コロナウイルスとインフルエンザの同時感染ということ。 海外で論文が発表されています。 医学雑誌「ランセット」によりますと、イギリスの研究グループが新型コロナウイルスとインフルエンザに同時感染した227人を調査しました。新型コロナウイルスのみと比べますと、人工呼吸器の装着リスクが4.14倍、死亡リスクが2.35倍増えたと発表されています。 シンプルにどういうことが起きるのか、防衛医科大学校病院の藤倉雄二医師に話を伺いました。細胞内で新型コロナウイルスとインフルエンザがセットで増えていくのではなくて、それぞれが別々で増えていくことからダメージが倍増するという考え方のようです。 防衛医科大学校病院の藤倉医師は「新型コロナウイルス、インフルエンザのどちらかに感染すると炎症により気道に傷が付くので、そこにウイルスがひっつきやすく同時感染しやすくなる」とおっしゃっています。 ■ワクチン“接種しない”約6割 都民アンケート そして、ワクチンについてです。10月1日から3日に20代から70代の男女1000人を対象に行った、都民に対する3回目の接種(1回目または2回目接種済みの人)のアンケートでは、「絶対に接種しない(13.0%)」「おそらく接種しない(44.7%)」と接種したくない方は57.7%と過半数を占めています。 といいますのも、1回目・2回目の副反応がつらかった(35.2%)、ワクチンの効果に疑問(30.7%)ということ。一方で、3回接種した方に聞きますと、4回目接種をある程度前向きに考えてらっしゃる方が約7割います。3回目を打つかどうかで感覚が変わってくるのかなというところなのかもしれません。 ワクチンを打つ打たないは個人の自由ですので、皆さんきっとご自身のリスクに当てはめて、打つ打たないを判断をなさっているのだろうと思います。 東京と全国のワクチン接種率のデータです。首相官邸のホームページによると(17日公表時点)、 ▼東京 1回目 81.02% 2回目 80.06% 3回目 65.26% 4回目 31.83% 5回目 4.23% ▼全国 1回目 81.40% 2回目 80.39% 3回目 66.63% 4回目 35.98% 5回目 2.82% となっています。 ホランキャスター: 田代さん、ワクチン接種率は様々あるようですが、年代によっても偏りはあるのでしょうか? ひなた住宅クリニック山王 田代院長: 比較的ご年配の方ですと、追加接種に前向きでいらっしゃる方が多い一方で、若い方は度重なるワクチン接種に警戒感を持っている方が多い印象です。 また、高齢者でもさすがに5回目という形で、非常に消極的な反応をされる方も多くて、これまでスムーズに接種を進められたのですが、5回目はかなり抵抗感を感じている。どの年齢層でも抵抗感を感じているのが実情です。 ホランキャスター: ワクチンに関しては、今後どうなっていくと田代さんは想像されていますか? ひなた住宅クリニック山王 田代院長: しばらくはmRNAワクチンが主体になりまして、様々な研究で大体3か月から6か月すると抗体価が下がってくる傾向にあるということで、3か月から6か月間隔での追加接種がある程度必要と…(https://newsdig.tbs.co.jp/list/article?id=jnn-20221117-6052698) ▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/ ▼チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

新型コロナ“第8波”に備え政府新方針「医療非常事態宣言」で旅行や移動の自粛案も・ワクチン接種後に女性死亡 現場で対応した医師と遺族 会話の記録入手|TBS NEWS DIG

第8波の到来が懸念されている新型コロナ。11日に開かれたコロナ対策分科会で、政府は医療提供体制がひっ迫した都道府県の知事が「医療非常事態宣言」を出して、旅行や移動の自粛を呼びかける案を専門家に提示しました。 感染予防策として、政府がワクチン接種を呼びかける中、今月、40代の女性が接種後に死亡。遺族が説明を求め、現場で対応した医師らと面会した際の音声を入手しました。遺族は当時の対応に疑問を抱いています。 ■全国の新規感染者7日連続で前週同曜日を上回る コロナ“第8波”への備え 新たな対策は 11月11日、行われた新型コロナ対策分科会。“第8波”への対応が議論され、政府は、感染レベルを4段階に分類する対策案を示しました。 新型コロナ対策分科会 尾身茂会長(11日午後6時すぎ) 「最大のポイントは医療の負荷、あるいはひっ迫度というものを中心に考えるんだということが総意です」 当初、政府は2022年夏の「第7波」の感染者数を基準にし、レベル分けを検討していましたが、専門家から「医療のひっ迫度で判断すべき」などと異論が出たといいます。 新しい指標では、病床使用率が50%を超えるなどを目安に、レベル3の「医療負荷増大期」と位置づけます。 都道府県が「対策強化宣言(仮)」を出し、普段と異なる症状がある場合は、外出や出勤など、リスクの高い行動を避けるよう要請できるとしています。 それでも感染が抑え込めなければ、レベル4になる前に都道府県知事が「医療非常事態宣言(仮)」を出し、出勤の大幅な抑制や帰省・旅行などの自粛を要請します。ただ、飲食店などへの時短や休業は要請せず、学校の授業も継続する方針です。 新型コロナ対策分科会 尾身会長(11日午後6時半すぎ) 「まだ、コロナは普通の風邪と全く一緒という段階ではないと思います」 厚生労働省が発表した11日の全国の新規感染者は、7万4093人と7日連続で前の週の同じ曜日を上回っています。重症者は22人増えて210人。死者は新たに81人が報告されています。 政府は、ワクチン接種などを呼びかけていますが、オミクロン株対応ワクチンの接種率は、全体で8.5%(11日現在)に留まっています。 ■ワクチン接種の5分後に体調が急変 42歳の女性が死亡 医師の対応に問題は? 一方、ワクチン接種をめぐっては、11月5日、愛知県愛西市で接種の5分後に体調が急変し42歳の女性が死亡しました。 妻がワクチン接種後に死亡 飯岡英治さん(45) 「朝会って、夜に何でこんなことになるんだって…」 遺族は医師の対応に疑問を抱いています。接種後の急激なアレルギー反応、「アナフィラキシー」を起こした可能性がありますが… 妻がワクチン接種後に死亡 飯岡さん(45) 「処置した医師もアナフィラキシーに対応したことがないと言っていたんです」 日本救急医学会のガイドラインでは、ワクチン接種で急激な体調悪化があった際は「迷わず」アドレナリンを投与すべきとしています。しかし、その場に待機していた医師や看護師は、アナフィラキシーへの対応をしませんでした。 遺族は説明を求め、市役所で現場で対応した医師らと面会。その時の音声を入手しました。 妻がワクチン接種後に死亡 飯岡さん(45) 「コロナのワクチンを打ったら、一番に疑うのがこれ(アナフィラキシー)じゃないですか?これも準備されていたわけですよね?疑いがあるから準備していたはずなのに、なぜすぐ使おうとしなかった?」 医師 「それに関しては、あの…」 妻がワクチン接種後に死亡 飯岡さん(45) 「アナフィラキシーという判断も一切なかった?」 医師 「アナフィラキシー…」 医師が答えにいいよどむと、別の声が… 地元医師会 会長 「一般的には血圧がどうなっているかとか、呼吸状態がどうなっているのかとかが必須だと思う。それはアナフィラキシーを判断する上でも必須で、それなしでエビペン(アドレナリン)を打つことはないと思う」 地元医師会の会長は血圧や呼吸を測らないとアドレナリンは打てないと説明しましたが、愛知県の医師会は、医療事故を検証する専門の委員会で対応に問題がなかったか調査することにしています。 ▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/ ▼チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

主犯格はドバイか…持続化給付金不正受給の疑いで国税局職員を逮捕 詐欺グループには“同期”や大手証券会社元社員も 専門知識悪用の可能性|TBS NEWS DIG

相次ぐ持続化給付金の不正受給、今度は国税局の職員が逮捕されました。詐欺グループには、幼なじみの元国税局職員や大手証券会社の元社員もいて、主犯格とみられる人物はドバイにいるといいます。専門知識を悪用した可能性もあります。 ■不正受給で国税局職員逮捕 証券会社元社員も・・・関係は? 私たちは今年4月から男の姿を追っていました。 記者 「男が出てきました。国税局職員の男が出てきました」 カメラが捉えたのは東京国税局の職員、塚本晃平容疑者、24歳。このときは友人と談笑していました。そして1日。塚本容疑者は複数の捜査員に囲まれていました。 記者 「持続化給付金をだまし取った疑いで東京国税局職員の男が捜査員に連れられていきます」 詐欺の疑いで逮捕されたのは、塚本容疑者と東京・三鷹市の会社員、佐藤凛果容疑者(22)です。 2人はおととし8月、仲間と共謀し、当時17歳の少年を新型コロナで収入が減った個人事業主と偽り、ウソの申請をして持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。 記者 「塚本容疑者はこちらの鶴見税務署に勤務し税の徴収の知識を悪用し犯行に及んでいました」 逮捕された2人はどんな関係だったのでしょうか。 東京国税局で税金の徴収を担っていたという塚本容疑者。佐藤容疑者とともに暗号資産の投資グループに入っていました。 詐欺を行ったグループの中で塚本容疑者の役割は書類の偽造で、佐藤容疑者は申請役。他にも指示役や主犯格とみられる人物がいて、その中には大和証券の元社員や国税局の元職員、中村上総被告(24)がいました。塚本容疑者は、国税局の同期である中村被告からグループに誘われたのだといいます。 記者 「塚本容疑者と中村被告は同じ熊本県内の小中学校に通い、十数年来の付き合いだということです」 中学校の卒業アルバムには、2人が複数のクラスメイトたちと一緒に指を重ね合わせる写真も。 幼なじみで職場でも同期だった塚本容疑者と中村被告。東京・町田市のマンションを拠点に確定申告の偽造書類を作成していたといいます。 そして不正受給した100万円は、20万円を幹部で山分け、残りの80万円を暗号資産に投資していたとみられています。 塚本容疑者がこれまで受け取った報酬はあわせて120万円とみられ、佐藤容疑者は取り調べに対し「報酬は一切受け取っていない」と話しているということです。 ■「暗号資産投資で2倍に」虚偽申請の大学生「やばいやつ」 国税局や証券会社などの専門知識を悪用したとみられる今回の不正受給事件。 主犯格とみられる人物は30代で、現在は中東のドバイにいるのだといいます。グループは、「持続化給付金指南役チーム」というLINEグループを作り、勧誘した大学生などに不正受給の方法を指南していたとみられています。 その誘い文句が・・・ 「給付金を暗号資産に投資すれば2倍にする」 およそ200人に虚偽の申請をさせ、その額は2億円にも上るとみられています。そのうちの1人の大学生(当時19)は、私たちの取材に対し、“友人に誘われ、実際に虚偽の申請をし100万円の給付金を受け取った”と話しました。 100万円を不正受給した大学生(当時19) 「最初から完全にやばいやつだと思ってずっと遠回りに拒否していたけど、深夜3時まで続いたから帰って欲しくて書類を書いた。友達関係がなくなると思うとどうしても断れなかった」 この大学生は詐欺の疑いで書類送検され、親に相談して100万円を返金したといいます。 ■過去にもあった国税局職員による給付金詐欺事件 国税局の職員による給付金の詐欺事件は過去にも。 おととし、山梨県の甲府税務署の20代の職員らが大学生らの名義で給付金をだまし取ったとして逮捕。その後有罪判決を受けています。 専門家は、知識を利用し制度の脆弱性を突いた悪質な犯行だと指摘します。 中央大学法科大学院 酒井克彦教授 「税務職員から見れば、虚偽の確定申告書を作るなんてことは極めてたやすいこと。公務員全体に対する信頼性や行政全体に対する信頼性を毀損する。重く受け止めるべき問題」 取り調べに対し塚本容疑者は黙秘。給付金の申請役だった佐藤容疑者は「申請には関わったが不正受給とは知らなかった」と容疑を否認しています。 職員の逮捕に東京国税局は「公務に対する信頼を著しく損なうものであり、深くお詫び申し上げます。今後事実関係を確認し、厳正に対処いたします」とコメント。 全国で発覚している持続化給付金の不正受給。今年4月末までに摘発されたのは3600人を超え被害総額は31億8400万円に上っています。 ■“家族ぐるみ”10億円詐取か 1件40万円の報酬か 給付金の不正受給を巡っては家族ぐるみで10億円近くをだまし取った疑いのある事件でも新たな情報が。 この事件では母親の谷口梨恵容疑者(45)と息子の大祈容疑者(22)らが逮捕され、主犯格とみられる父親の谷口光弘容疑者(47)がインドネシアに逃亡しています。 谷口容疑者らの詐欺グループはおよそ1780件の虚偽申請を繰り返してい…(https://newsdig.tbs.co.jp/list/article?id=jnn-20220603-6021477) ▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/ ▼チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

1 59
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus